バーベキュー基本

バーベキューで簡単に火を起こす方法

更新日:

けっこう、バーベキューって火を起こすのに苦労するっていう話を聞きます。

私は、あまりBBQ経験ないほうですが、ネットで情報を見てから行ったので、すごく簡単に火を付けられました。

バーベキューの火の起こし方

必要なもの

  • 新聞紙(数枚)
  • 木炭
  • ライター(または、チャッカマン)

あとは着火剤があれば、さらに簡単。ガムテープがあれば、着火剤代わりにもなります。

木炭や薪の並べ方

  1. 新聞をくるくるっと丸めて並べます。着火剤があれば、ここに入れます。
  2. 薪を、空気が通るようにすき間を開けつつ並べます。
  3. ここで、新聞にチャッカマンで火をつけます。
  4. 薪に火がついたら、その上に木炭を置いていきます。

これで木炭に火がついて、肉焼き放題!

炭の置き方

火がついた炭は、偏って並べたほうがよいです。

  • 炉の端に炭を固めて置く → 強火ゾーン
  • 炉の真ん中辺りには炭を置かない → 弱火ゾーン
  • 炉の逆の端に少量の炭を置く → 中火ゾーン

ガスコンロのように、火の調整ができない炉では、置く場所で火力を調整するんですね。

こうしておけば、「焼けた焼けた!早く食べて!焦げる焦げる焦げる!早く早く!」とあせる必要はありません。

焼けた肉は、弱火ゾーンに置いておけば、みんなが自分のペースで食べられるというわけ。

火おこし器とバーナーを使った上級者向け着火方法

上級者というか、道具があれば見た目にもかっこよく木炭に火をつけられます。


【送料無料】ユニフレーム(UNIFLAME) チャコスタII 665435【あす楽対応】【SMTB】

チャコスタとか火おこし器と呼ばれる器具↑


【数量限定セール】WS-502C カセットガス用 トーチバーナー ガスバーナー バーベキュー キャンプ アウトドア キャンプ用品 BBQ ボンベ式 自動着火 カセットガストーチバーナー

カセットコンロにつけられるガスバーナー ↑

この2つがあれば、薪や新聞紙がなくても、直接木炭に火をつけられるんですね。

また、風が強い日や、炉がない場所でもラクラク火がつけられます。

バーベキュー用具をお得に揃えるには

けっこう狙い目なのが、ふるさと納税でもらえるアウトドアグッズ。

特に、コールマンとモンベルは、ふるさと納税の特典としてオンラインショップで使えるポイントがもらえるんですね。好きにもらう道具を選べるんです。

ただ、総務省から「ふるさと納税者が得しすぎるので、お得度を下げなさい」ってクレーム入ってるみたいです。

興味のあるあなたは、早めにチェックしてみてください。

-バーベキュー基本

Copyright© 初めてのバーベキュー , 2021 AllRights Reserved.